--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
02.27

ヨーグルトとガスールとはちみつとトレハロース

Category: savon
ヨーグルトガスール
パックにしたらすべすべになる組み合わせで
石けんを作ってみました♪

オプションがどっさりで
色はかわいくないけれど、香りはフリージア。

泡立てたらいい香りで、きっといい仕事してくれると思います。

私の作る石けんは、泡がふくふくとたつレシピです。
泡を楽しむというか、洗った!っていう満足感というか・・
石けんでシャンプーもできますよ☆

バターたっぷりの石けんは、クリーミーな泡になります。
もちもちとした泡になるキャスターオイルは、すべての(今のところ)石けんに入れています。
オイルによっても泡の違いを楽しんでくださいね。

昨日は、作成して半年以上たったお茶の石けんであらってみました。
熟成が進み、香りはしないけどクリーミーな泡で、きゅっきゅっとした洗い上がり。

石けんを作る人の間では、好みもありますが2ヶ月から3ヶ月ものが香りは残っていてマイルドだからバランスがよいという評価をされるようです。
もちろん、長期熟成すれば香りは飛びますが硬くなり、とけ崩れもすくなく、使いやすいです。
キャスティール(1種類のオイルで作る)や、マルセイユ(72パーセントのオリーブオイルで作る)は
長期熟成してしっかり硬くしたほうが使いやすいですね。

今は熟成後(1ヶ月)すぐ販売するしかないほど、在庫が足りませんが、
今たくさん作っているので、少しずつ残っていって、
2ヶ月ものや3ヶ月ものもカートに入れられるようにしたいなあとおもいます。

香りが大事!という方は1ヶ月で使うほうが香りは残ってます。お好みで♪
スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。