--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
03.13

被災地以外の方は今何もしない勇気をもちましょう@地震

Category: 雑談
未曾有の大地震で、善意でみなさんがネットで情報を広めようと動いていらっしゃると思います。
ですが、間違った情報、チェーンメールなど、不安にするだけの情報もたくさんあります。

善意でしたことでも、メールの拡散はメールサーバーの負荷になります。

拡散希望というのをみて、安易に回さず、まず公式なHPなどを確認しましょう。
(関電、九電からの送電するための節電や、コスモ石油からの有害な雨は間違った情報です。
チェーンメールとの指摘や、そのための謝罪もメールサーバーの負荷になるだけなので
間違った情報が流れてきてもスルーしましょう。送った方も善意です。)

関西電力からの送電に関しては、送電できる容量いっぱいなのでこれ以上節電しても送れないそうです。
節電はもちろんいいことですが・・

ツイートも便利ですが、公式RTのみにしないと、画面が埋まって大事な情報が流れなくなります。

地震発生直後、大事な友人の安否を必死になって電話で確認しようとしていても、
その電話の着信で、電池が切れて必要な電話が出来ないこともあります。

そして被災地ではその瞬間、子どもが津波で流された、家族が建物に押しつぶされようとしていると
必死に消防に電話をかけている方もいらっしゃるのです。
その方たちのために回線をあけてあげること、それが今被災地ではない場所にいる私たちに必要な配慮ではないでしょうか?

誤解を恐れずにいえば、無事な方は必ず連絡がきますから待てばいいのです。
被災直後に必要なのは、無事でない方の救急の連絡のはず。

地震から数日たった今、

善意から、荷物を送りたいとおもっていても、宅配便が動いていません。
震災のときも、荷物の仕分けで、被災者さんが徹夜ということもあったそうです。
なので、寄付が始まっても、不用品ではなく被災地が必要とするものを、ダンボールに一品目だけ入れて、
外に何の品物かを書いておく配慮をお願いします。

献血も、今日明日で殺到しても献血の有効期限があるし、一度献血したら数週間できないので
その間血液が足りないということもあります。
今は被災地の病院自体が機能していないので、血液が足りないということはないそうです。
赤十字の、血液が足りませんとの広報を見てから時間差で有効な献血をしましょうね。

被災地以外では、混乱せず、お金を使い、経済が落ち込まないようにすること、
もちろん募金がいちばん有効です。

もう少し時間がたてば、私たちにできることがあるはずです。
そのときまで待つ勇気を。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://savondelolive.blog11.fc2.com/tb.php/331-951da06c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。